キーワードから検索

2月21日(金)開催【専門用語を使わない 障がいのある子の親なきあとの「お金」の話~親として「行動」したこと「サキヨミ」すべきこと~】

2020.2.19(水) セミナー情報

新型コロナウィルスの感染拡大の報道を受けて

お申込みいただいておりますみなさまにはご心配おかけしておりますが、
2月21日(金)文京区親心セミナーは予定通り開催いたします。

参加についてはご自身のご判断でお決めいただけますようお願いいたします。


ご参加くださるみなさまにつきましては、

下記についてご配慮をいただけますようお願いいたします。


・「発熱、咳などの症状のある方」、「お子さま」はご参加はお控えください。

・マスクの着用
・入室前の手のアルコール消毒

 ご協力よろしくお願いいたします。

障がいのある子の親なきあとのために、親として何をしたらいい?

 

□「成年後見制度」準備する?しない?

 

□公正証書は「争族」「認知症」の救世主!!

 

□未成年の障害のある子どものために、今できることをお伝えします!

 

こんな方は是非ご参加ください!

◆『子どものこと』

  • 16~19歳の障がいのある子どもがいる
  • 「きょうだい」はいるが頼れない・負担をかけたくない

◆『自分のこと』

  • 前妻(夫)の子がいる
  • 夫婦共有の不動産を所有

◆『親・兄弟姉妹のこと』

  • 親が認知症になったらどうなるか心配
  • 親の土地の上に、自分の家が建っている
  • 実家が空き家になっている・空き家になりそう


お申込み方法

下記URLよりお申込みください。

https://peraichi.com/landing_pages/view/oyanakiatosemi


セミナー開催概要

開催日時

2020年5月23日(土) 
10:30~12:30(受付10:10~) 

会場

文京シビックセンター スカイホール(26階)

※会場が変更になる可能性がございます。

参加費無料
定員80名様
(ご夫婦での参加も大歓迎です!)
講師鹿内 幸四朗
主催日本相続知財センター 
申込締切2020年5月22日(金)
※定員になり次第締切となりますので、お早めにお申し込みください。

 
◆後日、個別相談を無料でお申し込みいただけます
ご希望される場合は、当日配布されるアンケートにご記入ください。

 

お問い合わせ

日本相続知財センター

 

フリーダイヤル:0120-750-279