キーワードから検索

さまざまな業種から講演依頼をいただき、受講者は2万人を突破。
相続をめぐる不幸な家族をなくすために、
誰にでもわかりやすい資料と言葉で正しい知識をお伝えします。

人生において「相続」はそう回数があるものではなく、初めて体験するという方がほとんどです。それなのに、専門家と呼ばれる人たちは専門用語を並べ立てて説明しますから、私の80歳の母のことを思い浮かべると、それではわかるわけがない。私の母のような年齢の方に、何回も同じ説明をさせたり、専門家のところや役所などをたらい回しにさせたり、そういう精神的・肉体的・経済的負担を味あわせたくないと思ったのが、当センター設立に至る最初の想いです。そこで私は、母でもわかるような資料を作り、わかりやすい言葉で正しい知識を理解していただこうと講座を始めました。気がつけば受講者は2万人を超え、さまざまな業種・業態からセミナーのオファーが来るようになりました。

 

当センターでは、お話を聞かせてもらえれば、それぞれに必要な専門家をすべて調整し、お客さまに対応するチームをつくるコーディネーターの役目を私たち相談員が担います。例えば私の母のような年齢で夫を亡くし、任せられる子どもがいない場合、一人で手続きを取り仕切るのは難しいですから、息子・娘の代わりにサポートする存在として当センターがあるわけです。また、法律を知らないことで生まれる不幸というのも多々あります。ルールを分かった上で、いろいろな準備をしなければならないのに、何も準備をしないことによって、不幸な家族がたくさん生まれています。それを防ぐために有効な遺言は、制度はあっても日本ではまだ文化として根付いていません。ですから私たちは、公正証書による遺言や後見契約などを文化にしたいと考えています。

 

全国的に大きな問題になっている空き家対策など、年老いた両親に万が一のことがあっても安心できる準備のための啓蒙活動に力を入れ、相続をめぐる不幸な家族をなくすための対策を推奨することが、私たちの願いであり、強みでもあるといえます。

 

専務理事 相続診断士 鹿内幸四朗

プロフィール

CTPTマーケティングを活用し、相続のマーケットを分析。『無敵の経営(戦わない経営)』を目指す。

セミナーの受講者数は2万人を超え、『専門用語を使わない』わかりやすい解説が好評。

『争続(あらそうぞく)』にならないためのカウンセリングを大切にし、『相続の予防医学』に力を入れる。

また、障がい者の『親亡きあと』を支援する小冊子『親心の記録』を、障がい者支援団体への寄贈する活動は、累計で15万部製作。
自らの長女がダウン症であり、『親亡きあと』で悩む保護者のための社会貢献活動にも精力的に活動。

 

所属:

日本相続知財センター
日本相続知財センター札幌 http://www.yukari.co.jp
税理士法人 中野会計事務所(東京事務長)http://www.nakano-ao.gr.jp/

 

略歴:

昭和44年11月18日 北海道生まれ

 

昭和63年中野幸一税理士事務所入社
平成14年税理士法人中野会計事務所・札幌事務所 事務長就任
平成20年(社)相続手続支援センター札幌開設 常務理事就任
平成26年(社)相続手続支援センター日本橋開設 専務理事就任
税理士法人中野会計事務所・東京事務所 事務長就任
平成27年 札幌観光大使に任命される
平成28年一般社団法人 日本相続知財センターに名称変更

 

趣味:

人の縁をつなぐこと。企画を考えること。

 

Facebook http://facebook.com/k.shikanai